投稿日:

サラ金の金利は高い?

サラ金、つまり消費者金融の金利は、銀行に比べると高いです。サラ金の上限金利(法定金利)は、賃金行法で決められていて、借入額10万円未満では20%、10万円〜100万円未満では18%、100万円超では15%を超えた利率を設定してはいけないルールになっています。金銭貸付の際には、この賃金行法の利息制限法に加えて出資法のルールも関係してきます。以前までは29.2%という高金利でしたが、今では利息制限法の上限金利に合わせてどちらも上限が20%になっています。もしこれに従わずに法外な金利を設定した場合は、刑罰によって規制されます。サラ金の金利を見るときには、下限ではなく上限を見ることが大切です。

よく下限の数値が低いことを謳っている会社がありますが、初めての借り入れで下限が適用されることはありません。なんども使っていてよほどの優良顧客と認められた場合に、適用される可能性があるというくらいです。銀行の方が安く借りられるのであれば、サラ金を利用するメリットはないように見えますが、そうではありません。サラ金は即日融資に対応しているところが多いので、すぐに借り入れしたい人には便利です。また、自動契約機でカードを受け取ることもできるので自宅に書類が届いて家族に借金をしている事実がバレてしまうということも回避することができます。銀行に比べると審査が甘く、通りやすいというのもメリットです。銀行で審査を受けたけれども落ちてしまった人でも、改めてサラ金に申し込めば審査に通る可能性があります。ただし、サラ金は賃金行法の総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上の貸付はしてくれません。つまり、年収が120万円の人が40万円を超える融資を受けることはできないということです。年収が0円の専業主婦や無職の人も総量規制のルールがあるので、申し込み基準を満たすことはできません。安定した収入があって、銀行の審査が通らないという人にはメリットがあります。